左手首痛の畠山 登録抹消濃厚「有鉤骨を骨折したときより痛い」

[ 2016年6月13日 09:39 ]

交流戦 ヤクルト1-7ロッテ

(6月12日 QVC)
 ヤクルトの畠山が左手首痛のため欠場した。11日に負傷交代し、病院で検査を受けていた。検査結果は13日に出る予定だが、試合前練習も行わず「3年前に有鉤(ゆうこう)骨を骨折したときより痛い」と険しい表情。真中監督も「プレーしながら治す箇所ではない」と話しており、出場選手登録を外れることが濃厚だ。

 この日は川端を今季初の4番に据える新打線で臨んだが、わずか1点に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース