虎新助っ投で救援強化 プレミア12米国代表サッターホワイト

[ 2016年6月13日 06:55 ]

6月2日、3Aの試合に登板したソルトレーク・ビーズのサターホワイト(AP)

 阪神が救援陣強化策としてコーディー・サッターホワイト投手(29=エンゼルス傘下3Aソルトレーク)の獲得を12日までに決めた。すでに契約合意に達しており、13日に球団から正式発表される予定だ。

 球団関係者が個人名を避けながら「調査は行っていました」と獲得を前提に新外国人投手の調査を進めてきたことを認めた。リストアップした候補者から最終的にサッターホワイトに一本化。今季マイナーでの登板18試合はすべて救援で、3勝1敗、防御率1・80。まだメジャー経験はない一方、29歳と若く、1メートル93の長身も魅力だ。昨秋には米国代表として「プレミア12」にも出場。予選ラウンドの日本戦でも登板があり、松田(ソフトバンク)に満塁被弾した。

 昨季まで2年間に渡って抑え役を務めていたが呉昇桓(オスンファン)(現カージナルス)が昨季限りで退団。開幕から既に6度のサヨナラ敗戦を数えるなど救援陣の整備は課題だった。抑え投手を務めていたマテオは5月下旬に右肩関節炎で戦列を離脱し、11日の2軍戦で復帰登板したばかり。当初は先発要員だった藤川が救援へ転向したほか、開幕2軍だったドリスが11日の日本ハム戦で来日初セーブを挙げるなど苦心の起用が続いていた。

 球団が主導する形で緊急補強へ動き、正式契約を交わせば70人の支配下選手枠が6月半ばで埋まる異例の態勢が固まる。逆襲へ最大限の準備を整えた。

 ◆コーディー・サッターホワイト 1987年1月27日、米ミシシッピ州生まれの29歳。08年ドラフト2巡目(全体67番目)でタイガースから指名。メジャー出場はなく、今季はエンゼルス傘下3Aで18試合3勝1敗、防御率1・80。マイナー通算201試合(すべて救援)で14勝11敗33セーブ、防御率3・28。15年11月のプレミア12では米国代表に選出され、日本戦にも登板。1メートル93、106キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース