イチロー代打撃 メジャー最多まであと4本、1日で到達可能性も

[ 2016年6月13日 05:30 ]

<ダイヤモンドバックス・マーリンズ>7回1死、代打・イチローは二塁内野安打を放つ

ナ・リーグ マーリンズ3―5ダイヤモンドバックス

(6月11日 フェニックス)
 マーリンズのイチローがピート・ローズにまた一歩近づいた。ダイヤモンドバックス戦の7回に代打で出場。敵地チェース・フィールドがあるアリゾナ州はマリナーズ時代のキャンプ地で、相手ファンからも拍手で迎えられた。過去5打数2安打と相性のいい右腕クリッパードのチェンジアップを強振。痛烈な打球は一塁手のグラブをはじき、強襲安打となった。

 これでメジャー通算2974安打。ローズのメジャー最多4256安打まで日米通算で残り4本に迫った。ドン・マッティングリー監督はイチローの起用法について「状態を見極めていかないといけない」と慎重な姿勢を崩さないが、12日(日本時間13日)の同カードはデーゲームで、相手先発は過去3打数1安打の左腕レイだ。ナイター後のデーゲームは主力を休ませることが多く、今季1試合4安打を2度記録している42歳に先発出場の機会が巡ってくれば、一気にローズに並ぶこともあり得る。大記録達成の瞬間は確実に迫っている。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年6月13日のニュース