正一塁手不在のヤンキース アイク・デービスとメジャー契約

[ 2016年6月13日 10:38 ]

ヤンキースと契約を交わしたアイク・デービス内野手 (AP)

 ヤンキースは12日、フリーエージェントとなっていたアイク・デービス内野手(29)とメジャー契約を交わした。メジャーリーグの公式サイトが伝えた。

 デービスは2008年のドラフトでメッツから1巡目(全体18位)での指名を受けると、10年にメジャーデビュー。一発が魅力の左打者で、同年には19本塁打、12年には32本塁打をマークしている。14年途中にパイレーツへ移籍。昨季はアスレチックスでプレーしたが、腰の手術で8月下旬にシーズン終了となった。

 今季はレンジャーズとマイナー契約を結び、39試合の出場で打率2割6分8厘、4本塁打、25打点。しかし、12日に自ら選んで契約を途中で放棄する「オプトアウト」を行使した。ヤンキースは正一塁手のテシェイラが右膝を痛めて現在は故障者リスト入り。一塁手として活躍してきたデービスは、若手のレフスナイダーとツープラトーンで起用される可能性が高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース