巨人 サカチョー競弾も空砲 序盤の大量失点を返せず

[ 2016年6月13日 08:25 ]

<ソ・巨>7回1死、右中間越え本塁打を放った坂本は長野とタッチをする

交流戦 巨人5-7ソフトバンク

(6月12日 ヤフオクD)
 今季初、通算11度目の「サカチョー」アベック弾も届かなかった。巨人は5回先頭の長野が4号左越えソロ。ヤフオクドームで初アーチとなったが「ここでは(本塁打を)打ててなかったので」と敗戦に笑顔はなかった。

 7回1死では坂本が右中間席に13号ソロ。「(武田は)いい投手なので、甘いボールを積極的にいこうと思っていた」。8回には3連打などで3点を加えたが、序盤の大量失点を返せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース