6回4失点7敗目…ヤクドラ1原樹2軍降格「全然駄目でした」

[ 2016年6月13日 06:21 ]

<ロ・ヤ>6回裏1死から死球と安打で一、二塁のピンチを迎えた原樹

交流戦 ヤクルト1-7ロッテ

(6月12日 QVC)
 ヤクルトの原樹が6回4失点で7敗目を喫し、2軍降格が決まった。直球は自己最速タイの148キロを計測したが生命線のシュートの精度を欠き「右打者の内角に投げきれなかった。全然駄目でした」とうつむいた。自身5連敗のドラフト1位右腕は「直球をしっかり投げきることと、カットボールやフォークの精度を上げてきたい」と出直しを誓った。

 真中監督は「杉浦とか、その辺を含めて考える」と話し、この日のイースタン・リーグ、楽天戦で6回2失点だった杉浦が代役を務めることが濃厚。5カード連続のカード負け越しで借金は今季最悪の11に膨らみ、先発陣の奮起が待たれている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年6月13日のニュース