163キロ当たり前!大谷5球も日本最速タイも「余力あった」

[ 2016年6月13日 05:30 ]

<日・神>6回を抑えガッツポーズする大谷

交流戦 日本ハム6-0阪神

(6月12日 札幌D)
 異次元の剛球ショーだ!日本ハムの大谷翔平投手(21)が12日、阪神戦に「5番・投手」で出場し、7回を3安打無失点で5勝目をマーク。5日の巨人戦(東京ドーム)で叩き出した自己最速でプロ野球記録の163キロを5度も計測するなど、初回から飛ばして160キロ以上を31球も投じた。直球の平均球速は驚異の159・7キロ。大谷しかできない投球で札幌ドームを支配した。

 最初から飛ばす、と決めていた。大谷が力を解き放った。初回、先頭打者の鳥谷への1球目にいきなり160キロを計測する。続く西岡には3球目、4球目に、自身が持つプロ野球最速に並ぶ163キロを連発。3番・ゴメスには162キロでバットに空を切らせ、圧巻の3者連続空振り三振。異次元の投球に札幌ドームのファンは酔いしれた。

 「昨日(11日)の試合を見終わって“初回から全力でいこう”と思っていた。(阪神に対し)1勝1敗で、3戦目をどうしても獲りたかった」

 悪い流れを断ち切るには、どうすればいいか。その答えが「160キロ連発」だった。3回までは無安打。35球中、半分以上の18球が160キロ以上だ。5回1死二塁のピンチでは高山に対し、この試合5度目の163キロを投じ最後はスライダーで空振り三振に斬った。

 「直球待ちで“1、2の3”で来ている中で、空振りやファウルを取ることができた。初回からやろうと思っていたことができた」。7回を3安打無失点で8奪三振。直球は58球を投じたが、うち160キロ以上は31球で、直球の平均球速は159・7キロだった。大谷しかできない規格外のスピードショーで、自身4連勝で5勝目を挙げた。

 来場した4万65人の観客全員に「大谷翔平選手日本球界最速記念書」が配布=写真(左)=された試合。マウンドに上がる直前の三塁ベンチ前では思い切りキャッチボールし、イニング間は普段のセットではなく、ワインドアップで投球練習を行った。肉体は自然と熱を帯び、剛球連発へとつながった。「こういうパターンもあると確認できた。一つの引き出しとして良かった」と納得の表情を浮かべた。

 ロッカールームで大谷の隣に陣取る宮西は、その姿を前エースのダルビッシュ(現レンジャーズ)と重ねる。「ダルは勝ち試合では、登板間隔が空いている中継ぎ投手にマウンドを譲り、負け試合では最後まで投げ抜く。試合を支配していた」。大谷も余力を残しながら降板し、勝利に導いた。栗山監督も「ずっと“球場を、試合を支配しろ”と言っていた。初回の投球はそれができた」と評価。絶対的エースへの確かな一歩だった。

 今季2度目のDH解除。5番打者としては無安打に終わり「今日に関しては打撃で仕事をしていない」と反省したが、投球だけで十分、観衆を満足させた。それでも大谷は言う。「余力がある中で投げていた。(力を)出し切ったわけではない」。恐ろしいほどの才能と可能性。札幌ドームを支配したのは間違いなく大谷だった。(柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース