青木、無安打も2死球「体張って塁に出た」

[ 2016年6月13日 05:30 ]

<マリナーズ・レンジャーズ)2死球の青木(AP)

ア・リーグ マリナーズ1―2レンジャーズ

(6月11日 シアトル)
 マリナーズは1―0の9回2死からア・リーグ西地区の首位レンジャーズにソロで追い付かれ、延長11回にもソロを許して競り負けた。

 4ゲーム差に離され、青木は「一発で流れが変わる」と元気なく言った。自身は3打数無安打ながら、死球で2度出塁し「体を張って塁に出たと思っている」。ただ、元広島のルイスを打ちあぐね「何とかしたかった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース