イチロー代打で四球 最多ローズまで残り4本のまま

[ 2016年6月13日 07:54 ]

<ダイヤモンドバックス・マーリンズ>チームメイトと試合前の儀式を行うイチロー

ナ・リーグ マーリンズ0―6ダイヤモンドバックス

(6月12日 フェニックス)
 マーリンズのイチロー外野手(42)は12日(日本時間13日)、フェニックスでのダイヤモンドバックス戦で6点を追う9回に代打で出場。先頭で3番手の右腕バレットから四球を選んで出塁した。

 前日11日には代打で一塁強襲安打を放ってメジャー通算2974安打とし、日米通算ではローズのメジャー最多4256安打まで残り4本に迫ったイチロー。この日は9回の出番でバットを振らないまま四球で出塁したが、次打者リアルミュートが二ゴロ併殺に終わり、得点にはつながらなかった。

 マーリンズは初回、先発のコンリーが3点本塁打を含む4安打を浴びて4点を先制され、2回と4回にも失点。打線はダイヤモンドバックスの左腕レイを攻略できず、わずか3安打で零敗を喫した。

 マーリンズは13日(同14日)からは敵地サンディエゴでパドレスと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース