秋山 ひとり親家庭に勇気、11試合連続安打&マルチ

[ 2016年6月13日 05:30 ]

<西・中>ひとり親家庭の家族と交流する秋山

交流戦 西武3-2中日

(6月12日 西武D)
 西武の秋山が7回、逆転の口火となる右中間二塁打。11試合連続&マルチ安打と気を吐いた。この日は社会貢献活動として「ひとり親家庭の家族」10組25人を招待。「お立ち台からスタンドに手を振ったんです。いい思い出になってくれれば」。

 秋山自身も小6の時に父・肇さんを亡くし、母・順子さんに女手一つで育ててもらった。試合前には写真撮影などで交流。1度目の招待だった5月8日の日本ハム戦(西武プリンス)でも、一発を放ってお立ち台に。父親と観戦した森田竜ノ介君(10)は「秋山選手はお父さんより大きくてビックリ。カッコ良かった。また絶対に応援に来ます!」と感激。チームは交流戦4カード連続勝ち越しで、勝率を5割に戻した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月13日のニュース