5打席凡退後に殊勲打 龍谷大平安・小川 安どの涙 最後に出た

[ 2016年3月29日 05:30 ]

<龍谷大平安・明石商>延長12回2死満塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーを決める龍谷大平安・小川

第88回センバツ高校野球準々決勝 龍谷大平安2―1明石商

(3月28日 甲子園)
 サヨナラ打を放った龍谷大平安・小川は「うれしい気持ちでいっぱい」と安どの涙を流した。

 2回戦まで8打数1安打。この日も5打席続けて凡退し、延長10回2死満塁のサヨナラ機では力なく三ゴロに倒れた。12回2死満塁でも2球続けてセーフティーバントに失敗。ベンチの原田監督から「気持ちだ!」と活を入れられ、思い切り叩いた。「1番の役割を全く果たせていない。みんなに申し訳ない」。その思いが最後にバットに伝わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース