ロッテ鈴木 2連発に自身もびっくり「家まで無事に帰れるか…」

[ 2016年3月29日 17:35 ]

<ロ・楽1>お立ち台で笑顔の鈴木

パ・リーグ ロッテ12―2楽天

(3月29日 QVC)
 ロッテは楽天先発の辛島を打ちあぐねていたが、終盤に打線が爆発。7番・鈴木は今季パ・リーグ第1号を含む2打席連続本塁打を放った。

 2打席連続弾で立ったお立ち台では「きょう家まで無事に帰れるか…」と大当たりに自身も驚きの様子。現在パ・リーグで本塁打を記録しているのは鈴木のみとなり、ホームランダービーの“単独トップ”に立ったが「あしたの新聞を一生とっておきます」と笑顔を見せた。

 決勝打を放った岡田は開幕から4試合連続安打。この日も猛打賞だが「たまたまです。絶好調と思ってしまうと打てなくなるので1日1本で」と謙遜し、「皆さんの声援のおかげで打つことができました」とファンの声援に応えた。

 伊東監督は「1点でよく抑えてくれた」と7回1失点の先発・石川を評価。2本塁打の鈴木については「大振りはしてほしくないんだよね」と今後に注文を付けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月29日のニュース