DeNAドラ1今永 3連勝中の巨人止める「ビビったら…」

[ 2016年3月29日 05:30 ]

キャッチボールをする今永

 巨人を止める!DeNAのドラフト1位左腕・今永が、29日の本拠地開幕戦でデビューする。

 横浜スタジアムで最終調整した左腕は「巨人が連勝しているということは(打線の)調子がいいということ。2、3戦目につながってしまうので勢いを止めないといけない」と、カード頭を任された投手としての責任を口にした。

 3戦目には2学年下の3年目左腕・砂田の先発も予想される。「僕に勝ち星がつかなくてもチームが勝てばいい。(右打者の)内角に投げ込んで残像を植え付ける」。自身の強気の投球は後輩のアシストにもつながるだけに「ビビッたら勝ちは重ねられない」と言い切った。球団では本拠地開幕戦での先発デビューは92年(当時大洋)の斎藤隆以来、24年ぶり。前売り券はほぼ完売で、今永は「ホームの歓声に乗ってやっていきたい」と力強く語った。 (中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース