中日ビシエド プロ野球タイ開幕5戦連発に意欲「そうできたら…」

[ 2016年3月29日 06:54 ]

リラックスムードで調整するビシエド(右)

 中日・ビシエドが1989年にブーマー(オリックス)が記録した開幕からの5試合連続本塁打のプロ野球記録更新へ意欲を示した。

 「ホームランを狙うんじゃなく、自分のスイングをするだけ」と自然体を強調した一方、ファンの期待が膨らんでいることに「そうできたら一番うれしい」と照れ笑いで応じた。

 開幕からの3戦連発は来日1年目の新外国人打者として既に史上初の快挙。チームは1勝2敗の負け越しながら打率・615、3本塁打、6打点、8安打で、4部門リーグ1位という快発進を果たした。「もちろん維持したいよ。そのために日本に来たからね。まだ記録の話をするのは早いから、とにかく自分のすることに集中したい。ガンバリマス」。ナゴヤドームの全体練習に参加し、29日の広島との本拠地開幕戦に備えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月29日のニュース