秀岳館 二刀流・堀江決めた!0―1、9回2死から逆転の底力

[ 2016年3月29日 05:30 ]

<秀岳館・木更津総合>9回2死一、二塁、サヨナラ二塁打を放ち、ガッツポーズを決める秀岳館・堀江

第88回センバツ高校野球準々決勝 秀岳館2―1木更津総合

(3月28日 甲子園)
 土壇場で「鍛治舎チルドレン」が、根性を見せた。0―1の9回2死一、三塁から秀岳館・広部が右前に同点打を放つ。なおも一、二塁。堀江は1ボールからの2球目を振り抜く。ライナー性の打球は中堅手の頭上を越え、サヨナラ二塁打となった。

 鍛治舎巧監督の目は真っ赤だった。今にも泣きそうになりながら「もう感動しています。データ以上に気力。絶対勝つぞという気持ちが逆転につながった」。声は上ずっていた。堀江も「“頼む、抜けてくれ”と思った以降は覚えていません。うれしいというか、最高の気持ち」と笑った。

 過去2戦で28安打22得点と猛打を振るった打線は木更津総合のエース早川の前に沈黙。8回まで2安打に抑えられた。9回に絶好の場面で打席が回ってきた堀江は工夫した。「打つポイントが遅くなって詰まっていた」とバットを指3本分短く持つ。そして直球を狙い打ちし、「(サヨナラ打は)初めて。一生の思い出」と胸を張った。

 鍛治舎監督にとって、堀江は監督を務めた大阪のオール枚方ボーイズ時代からの教え子。中学時代から140キロを超える直球を投げ、U―15日本代表で活躍した愛弟子を高校でも二刀流で起用する。堀江も期待に応え、1、2回戦では先発で好投。連戦となるこの日は「7番・二塁」で起用され、バットで貢献した。

 元松下電器(現パナソニック)監督でNHKの高校野球解説でも知られた指揮官に誘われ、秀岳館に進学した。スタンド観戦した父・孝幸さんの故郷も熊本。堀江は「熊本は僕の第二の故郷。九州の代表として、日本一を目指します」と言い切った。初出場でベスト4進出。県勢としても、07年の熊本工以来9年ぶりだ。鍛治舎監督率いる秀岳館の快進撃が止まらない。 (井上 満夫)

 ▼秀岳館・広部(1点を追う9回2死一、三塁から右前に同点打)直前で足を上げるスタイルからすり足に変えて打った。(打球が一、二塁間を)抜けてよかった。

 ≪零敗目前 75年東海大相模以来≫秀岳館は0―1の9回2死から2点を返して逆転サヨナラ勝ち。最終回2死からの逆転サヨナラ勝利は、12年2回戦の鳴門5―4作新学院以来4年ぶり。うち零敗目前の最終回2死からに限ると、75年準々決勝の東海大相模2―1豊見城以来41年ぶり2度目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース