マー君、OP戦ラスト登板へ「いい結果を残したいという気持ちはある」

[ 2016年3月29日 08:45 ]

フィリーズ戦に備えて守備練習をするヤンキース・田中

 ヤンキースの田中将大投手(27)は28日(日本時間29日)、29日(同30日)の敵地フィリーズ戦に向けてキャッチボールや投内連係などで調整した。

 前回登板となった23日のナショナルズ戦は4回で2本塁打を含む9安打7失点の乱調。修正点については「自分がわかっていればいい」と具体的な言及は避けたが「開幕前最後の登板になると思うので、最後はいい結果を残したいという気持ちはもちろんある。いろいろ細かいことは考えすぎずにキャッチャーミットをめがけてアグレッシブには投げたい」と意気込みを口にした。

 2年連続の開幕投手は確実とみられるが、4月4日(同5日)のアストロズとの開幕戦を7日後に控えたこの日も開幕投手の発表はなし。ジョー・ジラルディ監督は「もう少し様子をみたい。われわれの望みは彼が好投して何も問題がないことだ」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース