154キロ腕明大・星 2回ピシャリ「良い形でいっている」

[ 2016年3月29日 05:30 ]

スポニチ後援第43回東京六大学・社会人対抗戦最終日 明大1―2NTT東日本

(3月28日 神宮)
 最速154キロのドラフト候補、明大・星が先発して2回を無失点に抑えた。

 4月16日のリーグ戦初戦、東大戦を見据える右腕は「きょうはリーグ戦を意識して試合に入った」と最速は140キロ台半ばながら、打者6人をピシャリ。21日までの米国合宿では「環境の変化に対応することを学べた」と収穫も多かったようで「調整は良い形でいっている」と手応えを口にした。

明 大
 000 000 001―1
 002 000 00X―2
NTT東日本
 (明)星、川口、水野、長江、 森下暢、高橋、斉藤―中道、牛 島、小野
 (N)渡辺、福永、沼田、福田 龍、落合―上田、黒川
 [本]上田(N)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月29日のニュース