大谷 野手今季初先発、1号3ラン含む5打点「しっかり振り抜けた」

[ 2016年3月29日 20:43 ]

<日・オ>5回無死一、二塁、1号3ランを放った大谷

パ・リーグ 日本ハム―オリックス

(3月29日 札幌D)
 日本ハムの大谷が「6番・DH」で今年初めて野手として先発出場し、初回に中犠飛で今季初打点を挙げ、5回に今季1号となる左越え3ラン、6回にも適時打を放ち5打点の活躍を見せた。

 25日のロッテとの開幕戦(QVCマリン)では7回3失点で敗戦投手となり、登板2日後の27日の同戦は野手としての出場はなかった。対戦相手の西には通算17打数6安打、打率・353と好相性だったが、この日もきっちりと結果を残した。

 大谷は「みんながチャンスを作ってくれたので、楽な気持ちで打席に入れた。しっかり自分のスイングで振り抜けたのでよかった」と振り返った。

 ▼吉川(先発で6回途中3失点降板)8点も取ってもらって途中降板する自分が情けない。緩急をうまく使えなかった。もう少し長いイニングを投げられるように頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース