大谷「6番・DH」で29日オリ戦“打者開幕”濃厚 栗山監督が示唆

[ 2016年3月29日 06:23 ]

日本ハムの大谷

 日本ハム・大谷は、本拠地開幕となるオリックス戦に「6番・DH」で出場する可能性が濃厚になった。

 25日のロッテとの開幕戦(QVCマリン)では7回3失点で敗戦投手となり、登板2日後の27日の同戦は野手としての出場はなかった。栗山監督は「先発として機能しないと、打者で使わない。これが大前提」としながらも「今は中継ぎ陣が苦しいので、少しでもリードして前に進みたい」と、二刀流スラッガーを起用して得点力アップを狙う。

 対戦相手の西には通算17打数6安打、打率・353と好相性だが、指揮官は「打線は近ちゃん(近藤)のところまでは動かせない」と田中賢、中田、近藤の中軸固定を明言。「次は勝てるように貢献したい」と話す大谷は、ポイントゲッターの6番で打者初戦を迎える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース