木更津総合・早川 完封目前のサヨナラ負け…20年ぶり4強東日本全滅

[ 2016年3月29日 05:30 ]

<秀岳館・木更津総合>9回、堀江にサヨナラ打を許した木更津総合・早川

第88回センバツ高校野球準々決勝 木更津総合1―2秀岳館

(3月28日 甲子園)
 あと1球だった。完封目前の9回2死三塁、フルカウント。木更津総合の早川は内角低めに直球を投げ込んだ。「ベストボール。(ストライクゾーンに)決まったと思った」。だが、判定はボール。四球でピンチを広げ、後続に連打を浴びた。

 「思わず審判が手を上げるような球を投げないといけない。僕の力不足です」。2回戦で優勝候補の大阪桐蔭を相手に1失点完投。この日も最速140キロの直球に100キロ台のカーブを織り交ぜ、緩急を有効に使った。8回までわずか2安打の快投だったが、最後に勝負の厳しさを味わった。

 中指のマメをつぶしながら最後まで投げ抜いたエース左腕。東日本勢最後のとりでだったが、準決勝進出はならず「打倒・秀岳館と思って夏までやっていきたい」と雪辱を誓った。 (松井 いつき)

 ≪20年ぶり4強東日本全滅≫東日本(北海道、東北、関東・東京、東海、北信越)で唯一8強入りした木更津総合が準々決勝敗退。東日本勢が4強入りできなかったのは96年(4強=鹿児島実、智弁和歌山、岡山城東、高陽東)以来20年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース