青木 危機一髪…ハチの大群襲来、相手中堅手10カ所以上刺された

[ 2016年3月29日 05:30 ]

<カブス・マリナーズ>8回、遊ゴロに倒れ、この試合無安打に終わったマリナーズ・青木

オープン戦 マリナーズ12―9カブス

(3月27日 メサ)
 マリナーズの青木はカブス戦に「1番・中堅」で出場し、4打数無安打1四球だった。

 4試合ぶりのノーヒットにも「いい形では振れていると思う」と打撃の感触は悪くない様子だ。3回のマリナーズの攻撃中、中堅付近でハチの大群が発生。カ軍中堅手ヘイワードが10カ所以上も刺され、試合が一時中断するハプニングがあった。「自分が守っている時じゃなくてよかった」と胸をなで下ろした青木。ヘイワードにはその後、ハチを蹴散らすかのような2ランが飛び出した。(石井孝尚通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月29日のニュース