マエケン バットで“ステーキ”いただき 指揮官のおごり

[ 2016年3月29日 05:46 ]

<レッズ・ドジャース>5回1/3を4安打3失点の前田(AP)

 25日のこと。フリー打撃で打撃投手役を買って出たドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、毎回のように柵越えを放つ前田に、ジョーク交じりに「日本のバットはよく飛ぶ。米国製のバットでも5球以内に本塁打を放ったらディナーをおごる」と提案した。

 すると前田は初球をあっさり柵越え。この日の試合後、米メディアから「何をごちそうしてもらうんだ?」と聞かれると、「ステーキ」と即答した。観念した指揮官は「公式戦が始まってから。ロサンゼルスの方がよく知っているし、いいステーキハウスを探すよ」と約束。アリゾナでの春季キャンプは残り3日。本拠地ロサンゼルスに戻るにあたり、前田に楽しみが増えた。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月29日のニュース