高木京 終始唇震わせ「やってしまったことを反省」頭深く下げ…

[ 2016年3月9日 18:14 ]

会見で野球賭博関与について謝罪する巨人・高木京
Photo By スポニチ

 巨人・高木京介投手(26)が9日、野球賭博への関与が発覚したことを受けて都内で記者会見。「このたびは誠に申し訳ございませんでした」と自らの口で不祥事を謝罪した。

 会見では、唇を震わせながら野球賭博に関与した経緯を説明。昨年10月に福田聡志投手(32)、笠原将生投手(25)、松本竜也投手(22)が野球賭博に関与していたことが発覚したが、今回、報告の時期が遅れたことについても、賭博に関係していた笠原元投手の知人から「“君は大丈夫だから”と、僕を安心させる言葉を言ってきたので、その人をいい人だと思い込んでしまった」と説明した。

 最初は「いい人だと思っていた」という笠原元投手の知人について「今はすごく怖い人」と表現。今後については何も決まっていないといい「やってしまったことを反省して、それを受け止めて前に進みたいと思います」。最後は「本当にすみませんでした」と再び頭を深く下げ、会見場を後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース