清原容疑者5・17初公判 18日にも保釈の可能性、保証金500万?

[ 2016年3月9日 05:31 ]

清原和博容疑者

 清原容疑者の初公判が、5月17日に東京地裁で開かれることが8日、分かった。起訴状によると、2月2日、東京都港区の自宅マンションで覚せい剤を所持したとしている。警視庁は、都内などで覚せい剤を使用した疑いで2月23日に再逮捕。東京地検は勾留期限の3月15日までに追起訴する見通しだ。

 薬物問題に詳しい小森栄弁護士は、18日にも清原容疑者の身柄が保釈される可能性があると指摘。「保釈条件に密売人との接見禁止が入れば、検察は不服を申し立てることはないだろう」と説明した。保釈保証金は500万円ほどとみている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース