マエケン 中4日対応の異例調整「無理しなくてもいいかなと」

[ 2016年3月9日 05:30 ]

ドジャースの前田

 ドジャース・前田は中4日となる10日(日本時間11日)のアスレチックス戦に備えてブルペン入りしたが、振りかぶって7球、セットポジションから7球と、わずか14球で終了した。

 3分強で終え「15球のつもりでした。(登板)2日後に入るリズムをつくりながら。まだ疲れが取れきっていない状態で、無理しなくてもいいかなと」と涼しい顔で説明。異例の調整で中4日への適応を図っていく。 (グレンデール・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース