DeNAドラ2熊原 右脇腹痛で登板回避「また繰り返さない」

[ 2016年3月9日 05:30 ]

DeNAドラフト2位の熊原

オープン戦 DeNA2―2中日

(3月8日 横浜)
 DeNAドラフト2位右腕の熊原が右脇腹痛のため、この日予定されていた登板を回避した。

 1日の全体練習で痛めており、回復に向かっていたが試合前のキャッチボール中に再び違和感を感じたという。熊原は「また繰り返さないように大事を取って。いい勉強になるように前向きに捉えたい」と話した。症状は軽症だが回復を最優先とするため、9日から2軍に合流する。

 ▼DeNA・久保康(先発し、5回を2安打無失点)全体的に良い感じに力を抜いて投げることができた。持っている変化球もほとんど投げることができたし、走者を背負ってのクイックも試すことができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース