野球賭博問題の経緯…昨年10月に発覚 11月に球団代表が引責辞任

[ 2016年3月9日 05:36 ]

 ≪野球賭博問題の経緯≫

 ▼15年10月5日 巨人が福田聡志投手の野球賭博関与を発表。告発相当と判断し、コミッショナーに概要を文書で報告。NPBの調査委が初会合を開く。

 ▼同6日 巨人が全選手や監督、コーチ陣への事情聴取を開始。

 ▼同7日 巨人が、熊崎勝彦コミッショナーに告発書を提出。

 ▼同10日 巨人・久保社長が全選手への聞き取り調査が終了したと説明。

 ▼同21日 NPB調査委が緊急会見を開き、笠原将生投手、松本竜也投手にも野球賭博の事実があったと発表。

 ▼11月9日 巨人が緊急会見を行い、福田、笠原、松本竜の3投手との契約を解除する方針を発表。原沢敦球団代表は引責辞任した。

 ▼同10日 3投手について、熊崎コミッショナーが無期限失格処分の裁定。球団にも1000万円の制裁金を科した。巨人は3投手を正式解雇し、再発防止のための紀律委員会を発足。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース