一塁到達最速は3秒52 イチローは大リーグ5位タイ

[ 2016年3月9日 05:30 ]

<ナショナルズ・マーリンズ>健脚衰えず!3回、二塁内野安打を放つマーリンズのイチロー
Photo By スポニチ

オープン戦 マーリンズ4―7ナショナルズ

(3月7日 ビエラ)
 大リーグ公式サイトは2月22日付で、一塁到達平均タイムのメジャー5傑を発表した。

 全力疾走に近く一塁を駆けたプレーが3度以上あった選手が対象で、凡打と諦めた流した走塁は除外して統計。一塁到達タイムで最も速かったプレーは、6月にハミルトン(レッズ)がマークした3秒52だったという。平均タイムワーストはバトラー(アスレチックス)らの4秒95だった。

 ≪昨季の一塁到達平均タイム5傑≫

 3秒85 B・バーンズ(26=アスレチックス)

 3秒91 D・ゴードン(27=マーリンズ)

 3秒95 B・ハミルトン(25=レッズ)

 3秒96 D・デシールズ(23=レンジャーズ)

 3秒98 イチロー(42=マーリンズ)

 3秒98 J・アルテューベ(25=アストロズ)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース