西武・森 DH&右翼で打撃専念 田辺監督明言「ひと区切り」

[ 2016年3月9日 09:09 ]

<神・西>8回無死、空振り三振に倒れる森

オープン戦 西武4―2阪神

(3月8日 甲子園)
 西武の森が捕手を「封印」することが決まった。6回に代走で途中出場。そのままDHに入ってマスクはかぶらず、田辺監督は「今回の遠征でひと区切り。迷いなく打撃に専念してもらう」と今後はDHか外野で起用する考えを明かした。

 春季キャンプから本格的に捕手の練習を再開させたが、指揮官は「実戦で守備の影響が打撃に出ている」と指摘。森の打力は不可欠で、捕手での出場が一度もなかった昨季は主にDHで打率.287、17本塁打、68打点だった。守備の負担を減らすことで、長所を最大限に引き出す狙いもあり、森も「打てないとチームに貢献できない」と受け入れた。開幕後は1軍登録のまま2軍戦で捕手として経験を積むプランもあり、レギュラー不在の右翼での出場についても、田辺監督は「大いにあり得る」と話した。

 ▼西武・佐藤外野守備走塁コーチ(森の外野守備について)昨秋の時点である程度話している。まずは基本動作から。外野と捕手と半々ぐらいで練習していくと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース