ソフトB二保 連続被弾に「調子は良かったが、失投」反省しきり

[ 2016年3月9日 22:44 ]

オープン戦 ソフトバンク2―2巨人

(3月9日 ヤフオクD)
 巨人のギャレット、クルーズに連続本塁打を浴びたソフトバンク・二保は「調子は良かったが、失投」と悔やんだ。1点リードの7回1死、ギャレットに2ボール1ストライクからの132キロのシュートを左中間へ。続くクルーズには、3ボール1ストライクからの143キロ直球を左翼中段に運ばれた。二保は「カウントを悪くして、打たれるべくして打たれた」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース