中日・浜田達 開幕ローテ前進 先頭打者弾浴びるも粘った

[ 2016年3月9日 05:30 ]

<D・中>6回5安打1失点の中日・浜田達

オープン戦 中日2―2DeNA

(3月8日 横浜)
 4年目左腕、中日・浜田達が6回5安打1失点の好投で、開幕ローテーション入りへ前進した。

 「丁寧に投げることを心掛けた。絶対抑えてやるという気持ちでした」。初回、白崎に先頭打者弾を浴び、さらに1死満塁のピンチを迎えたが、倉本を遊ゴロ併殺に仕留めて波に乗った。2回以降はわずか2安打。前回2日の広島戦(刈谷)は5回1失点も、8四死球と制球を乱しただけに、谷繁監督も「修正してしっかりやってくれた」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月9日のニュース