早実・清宮VS日大三・川崎 王手懸け注目スラッガー対決

[ 2015年7月24日 08:00 ]

西東京大会準決勝で対決する早実・清宮(左)と日大三・川崎

第97回全国高校野球選手権西東京大会準決勝 日大三―早実

(7月24日 神宮)
 早実の怪物1年生・清宮が強豪の壁に挑む。24日の日大三との準決勝に向け、チームは都内のグラウンドで練習。注目の清宮も汗を流した。

 相手は優勝候補筆頭。それでも「自分たちの野球をすれば、負ける相手なんていない」と話す和製ベーブ・ルースは、ここまで4試合連続安打で13打数8安打の打率・615、7打点。打線全体も4試合全てで2桁安打を放つなど、好調をキープしている。一方の日大三も打撃が持ち味。22日の都昭和との準々決勝で2本塁打を放った「ケンシロウ」こと川崎拳士朗もおり、スラッガー同士の打ち合いも見ものだ。

 早実は決勝進出となれば11年以来だが、その時の決勝戦では同じ日大三に1―2で敗れて甲子園への道を断たれた。まさに宿敵との決戦で、清宮が待望の今大会初アーチを狙う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月24日のニュース