横浜 逆転4強 決めたのは1年生「狙っていた」渡辺監督と1日でも長く

[ 2015年7月24日 14:45 ]

第97回全国高校野球選手権神奈川大会準々決勝 横浜5―4横浜隼人

(7月24日 横浜)
 今夏限りでの勇退を表明している渡辺監督率いる横浜は、終盤に横浜隼人を逆転し3年連続で準決勝に駒を進めた。

 3点のリードを許し敗色濃厚の8回。戸掘の2点本塁打と石川のスクイズで一気に同点に追いつくと、続く9回に1年生・増田の右中間を破る適時三塁打で勝ち越しに成功した。

 「絶対に真っ直ぐが来ると思って、真っ直ぐだけを狙っていた」と増田。横浜隼人の右腕・山口のストレートを捉え、逆方向に鋭い打球を飛ばした。

 5回戦の藤沢翔陵戦ももつれにもつれて1点差勝ち。準々決勝も苦しかった。それでも一戦ずつ力を付けているのは確か。渡辺監督と1日でも長く野球をやりたいという思いで勝負強さを発揮した横浜。2年ぶり16回目の甲子園へあと2つだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月24日のニュース