日大豊山 天国の友へ届け!エース・吉村、完投&1発で4強

[ 2015年7月24日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝 日大豊山4―2修徳

(7月23日 神宮)
 日大豊山のエースが投打の活躍で05年以来10年ぶりの4強入りを決めた。

 先発の吉村が投げては2失点完投。打っても3回に先制2ランを放つなど2安打3打点をマークした。チームメートだった飯星公規さんが2年前に病気で他界し、帽子のツバに「公規の分まで」と文字を入れている右腕は「公規が見守ってると信じて投げた」と胸を張った。

 00年以来15年ぶり2度目の甲子園出場にあと2勝とした上野満監督は「次も普段通りにやってほしい」と期待した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年7月24日のニュース