イチロー、日米通算111本目の三塁打!日本記録にあと4

[ 2015年7月24日 05:30 ]

<ダイヤモンドバックス・マーリンズ>5回、適時三塁打を放つイチロー(AP)

ナ・リーグ マーリンズ5―3ダイヤモンドバックス

(7月22日 フェニックス)
 マーリンズ・イチローは5試合連続で「1番・右翼」で出場。5回無死一塁で適時三塁打を放ち、5打数1安打1打点だった。

 三塁打は初対戦の左腕レイのチェンジアップに一瞬のためをつくると、バットのヘッドを立てたまま手首を返さずに右翼線へ運んだ。一塁走者は投手のフェルナンデス。注意を払いながらの走塁になったが「(前の走者が)行けば行くし、止まれば止まる。ただそれだけの話」とさらりと話し、熟練の一打も「面倒くさいね、そんなこと」とイチローらしく受け流した。

 今季3本目の三塁打はメジャー通算88本目。日米通算では福本豊(阪急)の日本記録115にあと4と迫る、イチ並びの111本目だった。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月24日のニュース