関東第一 エース田辺、早実・清宮と聖地での再戦誓う

[ 2015年7月24日 05:30 ]

今夏初登板を果たした関東第一のエース田辺

第97回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝 関東第一12―0明大中野

(7月23日 神宮)
 関東第一のエース田辺が今夏4試合目で初登板。5回に3番手で救援し、自己最速タイの140キロを計測して1イニングを無失点に抑えた。

 今春都大会準々決勝で早実と対戦し、清宮に高校1号となる中越え3ランを浴び「次に対戦するなら甲子園しかないけど、あいつのおかげで成長できた。三振を取りたい」と聖地での再戦を誓った。

 卒業後の夢に消防士を描く。野球には高校で別れを告げる可能性もある右腕は、最後の夏で5年ぶりの甲子園に導く。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年7月24日のニュース