巨人「4番・亀井」継続!原監督が決断「ようし行け!」

[ 2015年7月24日 05:35 ]

打撃練習する巨人・亀井

 つなぐ4番で「混セ」を抜け出す。借金2で3位の巨人・原監督は24日からの広島3連戦で18打席連続無安打の亀井の4番を継続することを明言。前日の阪神戦(甲子園)の試合後に「重いなら代えてあげるのも手ではあるかな」と話していたが、この日、亀井と話し合った末に「大丈夫だと。ようし行け!ということ」と決断した。

 休日を返上し、マツダスタジアムで全体練習。現状の攻撃陣を指揮官は「1、2、3、4番でかき回し5、6、7で還すのが今の打線」とし、5番以降の長野、阿部、村田にハッパを掛けた。2番には右ふくらはぎ肉離れが回復して合流した片岡のスタメンが濃厚。フリー打撃後もマシン相手に打ち込んだ亀井は「5、6、7(番)に凄い人がいるので4番と思っていない」としながらも「負ければ責任を感じるし、自分で(現状を)打破しないといけない」と決意を込めた。(大林 幹雄)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月24日のニュース