ソフトB 逃げ切って貯金最多25!バンデンハーク来日4連勝

[ 2015年7月24日 20:38 ]

<ソ・オ>ソフトバンクの先発・バンデンハーク

パ・リーグ ソフトバンク2―1オリックス

(7月24日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが1点差を逃げ切り4連勝。貯金を今季最多の25とした。

 ソフトバンクは3回、中村晃が四球、今宮は中前打で出塁すると細川が送って1死二、三塁。この場面で福田の中前2点適時打が飛び出して先制すると、3投手の継投でこのリードを最後まで守り切った。

 先発のバンデンハークは7回5安打1失点と安定した投球を見せ、09年のファルケンボーグとジャマーノ以来、球団4人目となる来日4連勝とした。8回は五十嵐、9回はサファテとリレーした。

 オリックスは先発のディクソンが4安打2失点という内容で5回を投げたところで降板。打線の奮起を期待したが、中島の6号ソロによる1得点のみに終わり、8敗目を喫した。チームの連勝は2で止まり、ソフトバンクに対して4連敗。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年7月24日のニュース