ロッテ涌井 通算100勝達成!「きょうだけは余韻に浸りたい」

[ 2015年7月24日 22:07 ]

<楽・ロ>ロッテ先発の涌井

パ・リーグ ロッテ6―2楽天

(7月24日 コボスタ宮城)
 ロッテの涌井秀章投手(29)が24日の楽天戦(コボスタ宮城)で史上132人目となる通算100勝を達成した。初勝利は西武時代の05年6月18日、ヤクルト6回戦で記録。

 節目の数字にリーチがかかったのは6月27日のオリックス戦。しかし、それから2度の足踏みがあり、3度目の正直でついに大台達成となった。

 「調子はよくなかったが、野手を信頼して低めを意識して打たせる投球を心がけた」とこの日の今季7勝目を振り返る涌井。8回、先頭打者の聖沢を迎えた場面で右足がつり、大事をとってここで降板となったが、4安打2失点と堂々の投球で自身の偉業に花を添えた。「素直にうれしい。きょうだけはその余韻に浸りたい」。そう語ると、硬かった表情が少しだけ緩んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年7月24日のニュース