藤浪 今季2度目の完封「ウルトラ気持ちいいっす!」

[ 2015年7月24日 21:30 ]

<神・D>お立ち台で笑顔を見せる藤浪(左)と江越

セ・リーグ 阪神3―0DeNA

(7月24日 甲子園)
 「ウル虎の夏」と銘打って行われた甲子園のDeNA戦。黄色いユニホームに身を包んだ2人の若虎が躍動した。

 2打席目まで井納に抑えられていた江越は7回2死1塁の場面で意地を見せた。井納の4球目の低めスライダーを強振すると打球はレフトスタンドへ。「藤浪が頑張っていたので、後ろにつなぐ気持ちだけでいった」当たりが貴重な先制2ランとなった。

 2試合連続の一発には「たまたまです」と謙遜する22歳のルーキー。これまで左腕相手の起用が多かったが、右腕相手の先発起用の期待に見事に応え、正中堅手の座を強烈にアピールした。

 試合後のインタビューで開口一番「ウルトラ気持ちいいっす」。黄一色に染まったスタンドの大声援に応えた藤浪も笑顔が弾けた。球威は最後まで衰えず、9回2死一、二塁で宮崎を打ち取った球は152キロ。プロ最多となる152球の熱投で今季2度目の完封にも「気持ちいいの一言」と満足げな21歳。江越の援護弾には「期待通りになってびっくり」と感謝していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年7月24日のニュース