1点遠く…阪神、10月初黒星も前向く和田監督「十分戦える自信」

[ 2014年10月27日 05:30 ]

<神・ソ>9回無死一塁、内野フライに倒れ悔しい表情の阪神・ゴメス 

日本シリーズ第2戦 阪神1―2ソフトバンク

(10月26日 甲子園)
 初対戦のソフトバンク・武田の緩急にてこずり、第1戦で6得点を挙げた打線の勢いが止まった。阪神はポストシーズンでの1分けを挟む連勝が6でストップ。レギュラーシーズンと合わせても、10月初黒星となった。

 「全く悲観することはない。目いっぱい、いってのこと。緊迫したゲームができている」

 和田監督はさっぱりとした表情で言った。6回2死まで一人も走者を出せなかったが、無抵抗には終わらなかった。6回にのべ18人目の打者となった代打・狩野が初安打を放ち、2死一塁。ここで西岡が今シリーズ初安打となる適時二塁打を放った。2死一塁で武田の縦に大きく割れる変化球を「うまく対応できた」と巧みにすくって右翼線へ運んだ。

 しかし、あと1点が遠かった。7回無死一塁、8回2死一、二塁、9回無死一塁…。再三の同点機を演出したが、打線がつながらず、畳み掛けられなかった。対武田の3打席全て内野ゴロに倒れ、この試合で最後の打者となった福留は「適度に荒れているというか、絞りづらい感じだった」と脱帽するしかなかった。

 第1戦で2人で4安打5打点を叩き出したゴメス、マートンの助っ人コンビも、この日は計7打数無安打。関川打撃コーチは武田について「情報はあったが、思った以上だった」と評し、和田監督も「セ・リーグに同じようなタイプがいない。欲を言えば、最初の1回りでつかみたかったが…」と振り返った。

 それでも、1勝1敗の五分となっただけ。指揮官は「きのう、きょうで選手たちも自信がついたと思う。十分戦えると。よりチャレンジャー精神という気持ちを強く持ちたい」とあくまで前向きだ。ロッテ時代に2度、日本一に貢献している西岡も「1つ(負けを)挟んで、あさって(28日)から、力なのか勢いなのかが証明される試合になる」と不敵な笑み。猛虎の真価が問われる福岡で、最低でも2勝して、王手をかけて再び甲子園に戻ってくる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース