鳥谷、読み的中のワンバウンド 積極走塁も…「紙一重」で裏目

[ 2014年10月27日 08:30 ]

<神・ソ>7回無死一塁、打者・ゴメス(右)の時、走塁死する一走・鳥谷

日本シリーズ第2戦 阪神1―2ソフトバンク

(10月26日 甲子園)
 いけると思った。その決断に間違いはない。ただ、阪神・鳥谷の決断は紙一重で裏目に出てしまった。1―2の7回。シリーズの怖さが如実に表れたシーンがあった。

 「あれは紙一重のところ。積極的にいってのものだから仕方ない」。和田監督がそう振り返ったのは、先頭の鳥谷が二塁内野安打で出た無死一塁の場面だ。1点差で打者は4番・ゴメス。カウント2ボール2ストライクからの5球目がワンバウンドし、捕手・細川がはじく。その瞬間、鳥谷はスタートを切ったが、細川からの送球で二塁寸前でタッチアウト。打ちあぐんだ武田を捉える絶好機がするりと逃げた。

 直前の4球目もワンバウンドし、細川ははじいていた。しかも打者の後ろ側へ。武田はこの試合、縦のカーブを多投。長打のあるゴメスに対し、バッテリーは低めに集めている。次もはじく可能性が高い――その読みは的中し、スタートした。しかし、5球目は細川が自分の前へはじいた。しかも「ゴメスの足元で(勢いが)止まってしまった」(山脇外野守備走塁コーチ)。その2つの不運の分だけ送球が間に合った。

 短期決戦では、獲れる塁を獲りにいかないと流れを失う。だから鳥谷は走り2つの不運でアウトになった。紙一重。シリーズの怖さである。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース