ジャイアンツ ペレス、亡き友にささげる一打に涙

[ 2014年10月27日 16:30 ]

ワールドシリーズ第5戦 ロイヤルズ0―5ジャイアンツ

(10月26日 サンフランシスコ)
 途中出場で8回に2点二塁打を放ったジャイアンツのペレスは、交通事故で亡くなった友人、カージナルスのタベラスに価値ある一打をささげた。

 同じドミニカ共和国出身で、ウインターリーグでともにプレーしたという。AP通信に対し「本当に近い仲だったんだ。家族もよく知っている」と涙ながらに話した。出番に備えるのもつらかったそうで「3イニングぐらいは(タベラスについて)考えていた。(その後は)全てを忘れて試合に集中した」とも明かした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース