ロッテ、契約前の京大・田中に異例球団窓口…取材依頼殺到で

[ 2014年10月27日 05:30 ]

取材依頼が殺到している京大・田中

 異例の対応で「時の人」をサポートする。ロッテからドラフト2位で指名された京大・田中に取材依頼が殺到している。

 通常なら、契約までは大学が取材の窓口となるが、現在は野球部に所属する学生が1人で担当。これまでプロ野球選手を輩出していないだけに前例もなく、指名あいさつの場でも田中から「どうすればいいのか」という相談を受けた。

 卒業論文なども抱えており、伊東監督も「ある程度の露出は必要だけど、慣れていないはず。余計な気を使わないためにも、こちらでやってあげた方がいいだろう」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2014年10月27日のニュース