雄平“スーパーボディー”で30発狙う!体脂肪率1桁目標に

[ 2014年10月27日 05:30 ]

神宮での秋季練習に参加した雄平

 ヤクルト・雄平が体脂肪率1桁の「スーパーボディー」で、自身初の30本塁打を目指す。野手転向5年目の今季は141試合に出場して打率・316、23本塁打とブレーク。さらなる高みを見据え、今オフの目標に「体脂肪率7、8%」を掲げた。

 現在10%程度だと言うが「9%から落とすのが大変。でも余計な脂肪はただの重りになる」。体の切れを出すために、83キロの体重はキープしながら体脂肪をそぎ落とす。

 昨年は4月に右肘前十字じん帯を断裂した影響からオフのトレーニングも全力で行うことができなかったが、今季は万全で秋から体づくりに励む。目指すは30発。自身と同じく今季飛躍を遂げた山田が29本塁打を放ったことを挙げ「30本って凄い数字だなとあらためて思ったが、いつか打ってみたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース