明大 優勝へ望みつなぐ引き分け…高山が通算100安打に王手

[ 2014年10月27日 05:30 ]

<明大・立大>延長10回2死二塁のピンチに岡部を空振り三振に斬った明大・山崎はマウンド上で気合いの雄叫び

東京六大学野球第7週第2日 明大2―2立大

(10月26日 神宮)
 明大が延長12回をしのいで優勝へ望みをつないだ。3番・高山が初回に通算100安打に王手をかける右翼線二塁打。2点先制の口火を切ったが、2打席目以降は無安打に倒れ「勝つために打つ。あす早い段階で1本が出れば」と話した。

 同点の10回からはオリックスからドラフト1位指名されたエース山崎が連投ながら3回無失点と好投。「絶対抑えてやると強気で投げた。あすも行きます」と3連投も辞さない覚悟を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース