宮西、シリーズ終了後に残留交渉 チームに愛着も「考えたい」

[ 2014年10月27日 09:25 ]

集まったファンにサインをする宮西

 今年8月に国内FA権を取得した日本ハムの宮西が、日本シリーズ終了後に球団との残留交渉に臨む。「日本ハムには感謝の気持ちがあるし、愛着もある」とした一方で、権利行使については「人生の分岐点。目いっぱい考えたい」と悩める胸中を語った。

 CSでは「左すね内側の疲労骨折」を抱えながらも3試合に救援。手術の予定はなく、27日に再検査を受け、回復具合を見ながら徐々に練習を再開していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース