東海大甲府“ノーノー”8強!1年生・菊地が5回1四球のみ

[ 2014年10月27日 05:30 ]

 来春センバツの重要な参考資料となる秋季高校野球関東大会が26日、千葉県のQVCマリンなどで1回戦4試合が行われ、8強が出そろった。東海大甲府(山梨1位)の菊地大輝投手(1年)が5回参考ながらノーヒットノーランを達成し、10―0の5回コールドゲームで千葉黎明を下した。27日は準々決勝4試合が行われる。

 今秋から背番号1を託された東海大甲府の1年生右腕・菊地が、1四球のみに抑えて無安打無得点投球。「一巡した3回くらいからいけると思った。達成したのは初めて」と笑顔をのぞかせた。初回の3番・大木の初球には、今夏甲子園で話題になった東海大四・西嶋ばりの計測不能の超スローカーブを披露し、観客を沸かせる場面も。「もともとスローカーブを投げていたけど、もっと遅く投げてみようと思った」とさらなる精度向上を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース