21U侍ジャパン 追加メンバー6選手を発表

[ 2014年10月27日 19:38 ]

 日本野球機構(NPB)は11月7日に台湾・台中で開幕する「第1回IBAF21Uワールドカップに出場する侍ジャパンの追加メンバー6選手を発表した。

 追加登録されたのは以下の6人。榎本葵外野手(楽天)、熊原健人投手(仙台大)、桜井俊貴投手(立命館大)、柴田竜拓内野手(国学院大)、畔上翔外野手(法大)、笹川晃平外野手(東洋大)。大会には日本の他、イタリア、メキシコ、韓国など11カ国が出場する。

 オーバーエイジ枠のメンバーとして選出された楽天・榎本は、球団を通じて「選んでいただき大変光栄です。日の丸を背負って戦う以上、強い覚悟で勝負にこだわり、走・攻・守で日本の勝利に貢献が出来るように頑張ります」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース