センバツV左腕“小島2世”江口が2安打完封「テンポ意識」

[ 2014年10月27日 05:30 ]

秋季高校野球関東大会1回戦 浦和学院1―0桐光学園

(10月26日)
 浦和学院(埼玉)は、昨春センバツ優勝左腕・小島2世と期待される江口が2安打完封。森士監督が「小島と比べても遜色ない」と評する1メートル73の小柄な左腕は、「テンポを意識して投げた」と1奪三振ながら、チェンジアップを有効に使って打者を幻惑した。わずか1時間29分でスコアボードにゼロを9つ並べた。課題の先頭打者に出塁を許したのは4回のみ。森監督も「埼玉大会より調子が上がってきた」とうなずいていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース